口腔外科/親知らず
oral

口腔外科/親知らず

親知らず

「奥歯が痛い……」というとき、それは親知らずが原因となっている可能性があります。親知らずとは、永久歯がすべて生えそろった後に、奥歯のさらに奥の部分に生えてくる歯のこと。多くの場合、横を向いたり斜めに生えてきたりするため、痛みや腫れのほかにも色々なトラブルを招く可能性があります。

親知らずは必ず抜歯するものだと思われがちですが、実際にはそうとはかぎりません。抜歯するか否かは実際に見てみないと判断できませんので、まずは一度診察にお越しいただきご相談ください。

親知らずを抜く必要がある場合と抜かなくていい場合

当院では以下のポイントをしっかり確認し、親知らずを抜くかどうか判断しています。

抜く必要がある場合 ・横や斜めの方向に生えている
・手前の歯を強く押し、歯ならびが乱れている、もしくは乱す可能性が高い
・歯みがきしにくく、むし歯になっている、もしくはなる可能性が高い
抜かなくていい場合
・正しい向きで生えている
・咬み合う歯があり、問題なくつかえている
・まわりの歯に悪影響を与えていない、もしくは与える可能性が低い
・問題なく歯みがきができる

 

歯を抜いた後の注意点

親知らずを抜いた後には、以下のことに注意しましょう。

  • 抜歯した部分が気になっても、なるべく指や舌でさわらないでください。
  • 抜歯した部分にできる血の塊は傷口の回復ために必要なので、うがいのしすぎなどによって洗い流してしまわないようにしてください。
  • 抜歯当日は歯磨き時に歯磨き粉を使わないようにしてください(新しい項目)
  • 痛み止め、抗生物質などの処方薬は、医師の指示どおりに正しく服用してください。
  • 痛みがあっても、冷やしすぎないでください。
  • 抜歯した当日は、激しい運動や飲酒、入浴(シャワーはOK)など、血流を促進させるようなことは控えてください。

顎関節症について

顎関節症とは、「顎が痛い」、「顎の関節がカクカクなる」、「口が開けづらい(開かない)」、「口の開閉時に痛みがある」などの症状の総称です。顎関節症と言っても、顎の筋肉痛のような軽い症状のものから、顎の骨の変形や開口障害など、手術を必要とする重い症状のものまで幅広く存在します。
顎の筋肉痛など一時的に痛みが発生しても、自然に治る場合もあります。
顎になんらかの症状がある現代人は多く、患者層も子供から高齢者まで幅広く見られる病気ですが、特に若い女性に多い病気であると言われています。
顎関節症の症状や原因は様々であり、その治療法も症状や原因により変わってきます。
症状の軽重に関わらず、まずはお気軽にご相談ください。