入れ歯/インプラント
implant

入れ歯

保険と自費の入れ歯の違い

  保険 自費
見た目
素材・様式 床の素材はプラスチックのみ。厚みもあり形式が限られる。 選択肢が豊富で制限がない。
特徴 ・見た目が入れ歯だとわかりやすい
・咬む力、装着感は比較的劣る
・食べ物の温度が伝わりにくい
・入れ歯とわかりにくく耐久性がある
・咬む力、装着感に優れている
・食べ物の温度が伝わりやすいものを作製できる
制作期間 約1ヵ月 素材・様式により異なる(約2~3ヵ月)
修理・調整 こわれやすいが、修理もしやすい こわれにくいが、修理や調整が困難
費用 保険治療 自費治療
  保険 自費
見た目
素材・様式 床の素材はプラスチックのみ。厚みもあり形式が限られる。 選択肢が豊富で制限がない。
特徴 ・見た目が入れ歯だとわかりやすい
・咬む力、装着感は比較的劣る
・食べ物の温度が伝わりにくい
・入れ歯とわかりにくく耐久性がある
・咬む力、装着感に優れている
・食べ物の温度が伝わりやすいものを作製できる
制作期間 約1ヵ月 素材・様式により異なる(約2~3ヵ月)
修理・調整 こわれやすいが、修理もしやすい こわれにくいが、修理や調整が困難
費用 保険治療 自費治療

 

レジン床義歯

保険適用。床部分をレジンで作製した入れ歯です。

メリット

  • 保険適応のためリーズナブル
  • 修理や調整がしやすい
  • 制作する期間が短い

デメリット

  • 床が厚く装着感が劣る
  • 壊れやすい
  • 見た目が入れ歯だとわかりやすい

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

バネのない入れ歯。歯ぐきの部分をピンクのシリコンで作製した入れ歯です。(自費診療)

メリット

  • バネがないため目立たない
  • 弾性のあるシリコンのためフィット感が良い
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 激しい温度変化に弱い
  • 経年によって変色することがある
  • 自費治療である
  • 食べ物の温度が伝わりにくい

金属床

床部分を金属で作製した入れ歯です。(自費診療)

メリット

  • 床が薄いためフィット感が良い
  • 耐久性に優れている
  • 食べ物の温度が伝わりやすい
  • 汚れがつきにくい

デメリット

  • 自費治療である
  • 金属アレルギーのリスクがある

インプラント

インプラント

インプラントとは、失ってしまった天然歯の代わりに、人工の歯根を顎の骨に埋め込み、その上に人工の歯を装着する治療法です。
従来の入れ歯とは違って、健康な歯を削る必要もなく、固定性であるためガタついたりせず、自分の歯と同じように“食べる・話す”ことが出来るようになります。

費用

インプラント埋入 230,000円(税込み)
上部構造体 150,000円(税込み)

注意事項

インプラントはオペが必要な治療です。
糖尿病の患者様などは、ご希望をされても治療を受けれない場合もございます。
また、治療は自由診療となります。